皆さんはテレビや新聞を見ますか?株と関係ないじゃんと思ってる方は甘いです。そこには株価に関する重要なヒントがあります。

株は銘柄選びが非常に重要

1万円札の束

日本では数千といった上場会社が存在していますが、長期的に企業の株価が上昇しているところは非常に少ないです。
日本では少子高齢化社会が進んでいるために、国内の市場はどの業界においても伸び悩む状況が生まれています。
そのため、国内の多くの企業では、業績が横ばいトレンドになっているところが出ています。
そのような銘柄に投資した場合には株価は一定のボックス圏にとどまることになり、大きなリターンは期待できなくなってきます。
しかし、国内の企業の一部の銘柄では、新規分野での需要を取り込んでいたり、海外市場で業績を拡大させているところも存在しています。
そのような成長企業の株への投資は、長期的に株価が数倍になる大きなリターンを狙うことが可能となっています。
したがって、国内の株の銘柄選びは非常に重要になっていると言えます。

成長企業へ投資をする場合には、ロボットやフィンテック、バイオなどのテーマ性のある銘柄を選びがちです。
しかし、テーマ性のある銘柄になると、今度は株が買われ過ぎているリスクが出てきます。
テーマ銘柄では短期的に株価が暴騰することがありますが、逆に短期で下落してしまうことがあるからです。
そのため、成長企業を選ぶ際には、PERや配当利回りなどの指標を元にして買われ過ぎていないかをチェックすることが大事となってきます。

また、成長銘柄では今後の開拓できる市場がどのくらい残っているかを調べておくことも重要です。
開拓ができる市場が残っているほどに、企業は長く成長をすることが可能になってくるからです。
そういう意味で言えば、海外の新興国で販売を伸ばしている企業は、今後も多くの開拓市場を残しています。
したがって、新興国で活躍している企業の株は、成長銘柄になると考えます。

サイト内検索
人気記事一覧